FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.07.Wed
少しだけ前の話。
今から少し前のとある日曜日奴に会った。
大分長い付き合いになる。
エセ管理人の一番多感な時期を共に過ごしただけあって、
エセ管理人の忘れたい話や出来事を掘り返し、蒸し返された。
正直勘弁してくれと思った。恥かしい過去を暴露されるのは、
結構堪えるもんだ。ε-(;ーωーA フゥ…
明け方までしっぽりと飲んだ。
一杯色んなこと言われた。
気にしてることもある。自分の弱い部分もあるけれど、
関係なく全部奴は言った。おべっかなんて使わずに、
思ったことをそのまま素直に奴はエセ管理人に言った。
自意識過剰、器が小さい、頑固、つまんない奴だって。
まぁね分かっちゃいるよ。自分の事だもの。
自分がどれだけ小心者で臆病で卑屈に出来てるのか、
それくらいのことは自分にだって分かってるし感じてる。
欺瞞だと思っているけれど、演じてるし、嘘つきだ。
別に怒ってないよ。それは紛れもない事実だから。
オブラートに包んだ悪意よりかは大分マシだと思うし。
kirin.jpg


奴はもう社会人で今は一所懸命働いている。
ちゃんと目指した道を今は歩いてる。

エセ管理人は思ったけれど奴はもう大人だった。
冷めてるとか冷めてないとかそういうのじゃなくて、
擦れたとか擦れてないとかそういうのでもなくて、
諦めたとか妥協したとかそういうのじゃなくて、
滅茶苦茶大人だった。正直かっこいいと思った。

何だか良くわかんなくなってその二日後位に泣いた。

多分それは自分の不甲斐無さを嘘で固めた
歪んだ自尊心が疲れたって言ったからだ。

きっとこんな物読んでる暇はないとは思うけれど、
体に気をつけて頑張ってってエセ管理人は祈ってるよ。
さよなら。また会おう。
スポンサーサイト


Secret

TrackBackURL
→http://sophy215a.blog41.fc2.com/tb.php/150-82b17835
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。