上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今話題のコトバといえば格差社会、二極分化、
等々某左派政党兼北寄りの社○党や、
未だマルクスかよっ!と、突っ込みたくなる、
共○党が槍玉に挙げ批判したがる大好きなコトバです。
そうそうコレ、今までが平等だったという、
まあ歪んだ(意図的に歪曲された)認識の下で、
考えるからこそまぁね、批判も出来るって分けですよ。
もし本気でそう思うんだったら、まず私財を全て投げ打って、
お国の為に~~と、貧しい人々へ~~と、
やってみてくださいな。ねっ社○党党首の福○サン(*´∇`*)
てか、福島サンじゃなくて趙サンかwなんで本名語らないんかな~
まぁね北のお国にお金を送金するのも結構ですけれど・・・
果てさてどこの国のドコの政治家なんだかなぁ・・・ε-(;ーωーA

格差についてエセ管理人が思うに、
本来ならばマルクスとケインズが何故か仲良くやってこれたって、
その事がある意味異常だった訳で、(きっと天国で揉めてるよw)
民主主義的で資本主義的な普通の国へ、
実際の所ただ変わってきてるだけなんじゃないかナァと思うわけさ。

ただ、そうは言っても極端な格差はどうしても是正する必要は
あると思う。その手段としてどうしても必要になるのは、
教育基本法の改正なんじゃないかなと思う。

まぁとりあえずは今のスタンスを崩すのは難しいだろうし、
出る杭は打たれる主義の中庸・平均的教育の利点もまだ幾ばくかは在る。

じゃあ何を変えたらいいのかについてエセ管理人が思うのは、
ウルトラハイパーエリートを養成する機関をとりあえず作るのと、
あと誰でも国立大学に入れます制度を作るの二つデス。

二番目のはよく言われることだけれども、
入りやすく出にくい大学を作りましょうって話しデス。
これならば収入が貧しくても、大学に入る時点で教育格差が
付いてしまったとしても、なんと逆転可能という、素晴らしいシステムです。(*'▽'*)

何が問題なのかといえば結局の所機会の平等が損なわれるのが、
問題なわけで、これは少なくとも機会に関しては平等なわけです。

なのでどうしても講義に出たい人は、前日からその教室に待機する位の、
覚悟は必要になるわけで、もちろん最初は混乱するでしょうが、
本当に勉強したい人のみが残っていくというシステムです。

機会が不平等だったらフェアじゃないけれど、
機会は平等である以上はフェアだものな。

多分コレやると日本は凄く平和になるよw
優秀な人材は多く育つわ、格差は是正されるは、勤勉になるわで、
一石三鳥、一挙三得みたいな感じデス。

・・・でもねぇ、そういった意見に真っ向から反対する人がいるのよね。
社○党とかさ。。。。。なんだかなぁ...日本の左翼って、
なんでこうなんかなぁ_| ̄|○

長くなったので憲法九条については分けて書きます。
スポンサーサイト


Secret

TrackBackURL
→http://sophy215a.blog41.fc2.com/tb.php/212-5ca02c36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。